2013年05月22日

助成金の支給決定通知まで結構時間がかかります…

おはようございますわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
顧問先から依頼を受けていた「特定求職者雇用開発助成金」の申請期限が間近に迫って
いましたので、足首捻挫が完治していなかったのですが、車で乗せてもらい何とか申請
窓口まで行ってきました。
申請書類の審査は、20分位で終りましたが、支給定通知書等は、概ね4か月後位に
会社の方へ郵送されますと言われ、結構、時間がかかるのには驚きました。
私の認識不足でした。本
お客様には、その旨伝え、支給決定通知書が送られてきたらFAXを社労士事務所に
送信していただくように伝えました。
助成金は、あくまでも成功報酬ですし、社労士側では、支給決定通知書や入金の確認が
とれないものですから、支給決定通知書が送付されてきたら、FAXを流してもらうように
した方が良いと思いますね。
顧問先であれば、ある程度信頼関係が構築できていますが、スポットのお客様の場合は、
助成金の申請手続から入金、そして社労士への成功報酬振込までのチャートを作成して
事前にお客様に渡して説明しておいた方が良いと思います。
助成金は、あまり積極的には業務として行いたい方ではないのですが、お客様の会社が
助成金の対象となるようなものがあれば、一応お話はさせていただき、ご依頼があれば
申請手続きを行うというスタンスです。
うちの事務所でも、助成金のチャートは作成しておりますが、以外とお客様はその時だ
けで、あまり見ないと思いますので、いろいろな助成金の手続きが完了したら、完了報告
と支給決定通知書・入金・成功報酬の振込等のお話をあらためて、しておくことをお勧め
いたします。

それでは、また本手(パー)
☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 09:37| Comment(0) | 助成金の活用

2013年05月17日

受動喫煙防止対策助成金制度が拡大・補助率アップ、全業種に拡大されました。…

こんにちはわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
適用範囲が拡大された助成金制度についての情報提供です。本
厚生労働省では、5月16日から、職場における受動喫煙防止対策をより効果的に推進
するために、助成金制度を改正しました。
この制度は、旅館業、料理店、飲食店を経営する中小企業事業主を対象に、職場での
受動喫煙を防止するため、喫煙室の設置などを行う際に利用されてきましたが、このた
び、全業種に拡大するとともに、補助率を1/4から1/2大幅に引き上げました。

【受動喫煙防止対策助成金制度(改正後)の概要】
1.対象事業主
  労働者災害補償保険の適用事業主であること
  中小企業事業主(※)であること
 ※業種に応じて常時雇用する労働者数又は資本金の規模の基準を満たす必要があり。 
2.交付対象  
  一定の要件を満たす喫煙室の設置に必要な経費 
 ※工事の着工前に「受動喫煙防止対策助成金交付申請書」を所轄都道府県労働局長
  に提出し、あらかじめ交付決定を受ける必要があります。
3.補助率、交付額
 費用の1/2(上限200万円)
4.申請書等提出先
都道府県労働局労働基準部健康安全課(又は健康課)
★快適な職場環境の整備をご検討されている企業は、ぜひこの助成金の活用してみては
いかがでしょうかわーい(嬉しい顔)
それでは、また本手(パー)
☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

posted by アクアの社労士 at 11:07| Comment(0) | 助成金の活用

2013年03月18日

お彼岸です、また新鮮な気持ちに…キャリア形成促進助成金も様変わりのようです…

こんにちはわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
昨日は、お彼岸ということで兄姉夫婦や甥の家族達と大勢でお墓まいりに行ってきま
した。
お墓の掃除を行い、お花を添えて、お線香に火をつけると、また元気な頃の親族の姿
に会えた気がして、とても爽やかな気持ちで帰宅をいたしました。
さて、話は変わりますが、平成25年度予算成立後に「キャリア形成促進助成金」が大
きく変わるようですよexclamation
この「キャリア形成促進助成金」は、労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、
職業訓練などを段階的かつ体系的に実施する事業主に対して助成する制度ですが、
この助成金制度は、労働政策における重点課題に対応するため、内容を大幅に変更
されるとのことです。
詳細は「キャリア形成促進助成金のリーフレット」ここをクリックしてください。

なお、自発的職業能力開発の制度導入奨励金(15万円)などは、廃止されます。
それでは、また本手(パー)
☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 11:55| Comment(0) | 助成金の活用

2013年03月06日

穏やか一日です…助成金支給申請に必要な書類は…

こんにちはわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
今日は、とても暖かくて穏やかな一日ですね晴れ
でも金曜日以降は、中国大陸の方からの黄砂プラスPM2.5が飛んで来るようです
から、外出の際はマスク等で漫然な対策をしたほうが良さそうですね。

今回は、特定就職困難者雇用開発助成金の支給申請について少し触れてみました。
この助成金は、60歳以上の高齢者、身体・知的障害者、母子家庭の母(父子家庭の父)
等、就職困難者の雇用機会の増大を図るため、ハローワーク等の職業紹介により常用
労働者として雇入れ、一定の条件をクリアーした場合に支給されるというものです。

【助成金の額 一例】
 ◎高齢者の場合の助成金の額(60歳以上)
(短時間労働者以外⇒90万円支給、短時間労働者⇒60万円支給<中小企業の場合>)

【支給申請に必要な書類】
1 特定求職者雇用開発助成金支給申請書
2 支払方法・受取人住所届
3 対象労働者であることの証明(住民票の写し又は運転免許証の写し等)
4 雇用契約書(原本及び写し)
5 賃金台帳(原本及び写し)
6 タイムカード(原本及び写し)
7 対象労働者雇用状況等申立書
8 履歴事項全部証明書の写し(発行日から3箇月以内)

上記の申請書類については、該当者を採用した場合、労働局から郵送されてきますので、
第1期の支給対象期間(最初の賃金締日から6か月経過日まで)の翌日から2箇月以内
に申請書類を揃えて、管轄ハローワークの助成金担当窓口へ提出してください。
企業先で60歳以上のパートさんの雇入れを考えているような場合は、助成金の支給対象
となるかもしれませんので、ハローワーク等の求人募集を利用されることをお勧めします。
ただし、急募の場合は有料の求人広告の方が良いかもしれませんね。

またまた長文になってしまい失礼しました。exclamation
それでは、また本手(パー)
☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 13:37| Comment(0) | 助成金の活用

2012年04月10日

法改正に伴い助成金の一部改正…

東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘
です。
すっかり春らしくなり桜も満開で、とても晴れ晴れとする季節となりましたね。晴れ

さて、雇用保険法施行規則等の一部を改正する省令が平成24年4月6日から施行さ
れたことに伴い、助成金や奨励金に一部改正がありました。
@労働移動支援助成金制度
A定年引上げ等奨励金制度
B地域雇用開発助成金制度
C人材確保等支援助成金制度
D地域雇用創造推進事業
E試行雇用奨励金制度
F認定訓練助成事業費補助金制度、etc

今回は、試行雇用奨励金(トライアル雇用奨励金)について、その概要をご紹介させ
ていただきます。

★試行雇用奨励金(トライアル雇用奨励金)
対象労働者1名につき、月額40,000円×最大3カ月=120,000円
が支給されます。

☆対象労働者
@45歳以上の中高年齢者
A40歳以上の若年者等
B母子家庭の母等
C季節労働者
D中国残留邦人等永住帰国者
E障害者
F日雇労働者・住居喪失不安定就労者・ホームレス

☆今回の法改正点
 就職氷河期世代が40代前半に達していることから、若年者等トライアル雇用の対
象年齢、上記のAの「40歳未満」から「45歳未満」に拡充することとされました。

特に奨励金の金額等には、変更はなく、対象労働者の一部に変更がありましたので、
ご注意ください。


それでは、また本手(パー)

☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 09:23| Comment(0) | 助成金の活用