2011年10月14日

所得税の青色申告承認申請書の提出とメリット

前回は、「個人事業の開廃業等届出書」の書き方について紹介させていただきましたが、
今回は「所得税の青色申告承認申請書」について、簡単に紹介させていただきます。
所得税の青色申告の承認を受けようとする場合、開業の日から2か月以内1月1日〜
15日までに開業された方は、3月15日まで
)に税務署に提出する必要があります。   
★この書類の提出による青色申告制度の特典★わーい(嬉しい顔)
 所得から最大65万円の控除が受けられます。
 但し、控除を受けるために次の条件をクリアーしなければなりません。
★条 件★
 1.事業について帳簿書類の作成(原則、複式簿記、例外として簡易帳簿でも 大丈夫)
  仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳などが必要。
<簡易帳簿>
 (1)現金出納帳
 (2)売掛帳
 (3)買掛帳
 (4)経費帳
 (5)固定資産台帳
 2.帳簿書類の保存
  帳簿書類を法定期間(原則として7年間)保存する必要があります。
 3.貸借対照表、損益計算書などの決算書類の作成
  青色申告により確定申告をする場合には「貸借対照表、損益計算書その他不動産
    所得の金額、事業所得の金額若しくは山林所得の金額又は純損失の金額の計算
    に関する明細書」を添付しなければなりません。
 4.確定申告書を期限内に提出すること。
  書式は国税庁のホームページからダウンロードできます
  ※ 私の場合、多少簿記の知識は持っていますが、時間と労力の節減のため、
       青色申告用ソフトを利用しています。ソフトも1万円以下で購入できますので、
       ぜひ、利用されてみてはどうでしょうか。

  次回は、当事務所の紹介等ができればと思っています。
  では、また本手(パー)

【開業届(青色申告)の最新記事】
posted by アクアの社労士 at 15:27| Comment(1) | 開業届(青色申告)
この記事へのコメント
とても参考になります。ありがとうございます。
Posted by 古川 at 2013年04月30日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: