2013年01月29日

人材育成の新設の助成金が発表になりました…

おはようございますわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
今日は新設の助成金についての話題ですよ。
新しい助成金が先週、厚生労働省より「日本再生人材育成支援事業」として発表され
ました。
対象となる企業は「健康、環境、農林漁業分野等」と限られてはいますが、この奨励金
は「正規雇用労働者」だけではなく、「非正規雇用労働者」まで含めた人材育成を行う
事業主に対して訓練費用が助成されます。

◆◆正規雇用労働者育成支援奨励金◆◆
 ・正規雇用の労働者に対し、職業訓練(Off-JT)を行った場合に、訓練に要し
  た経費を支給 ・事業主が負担した訓練費用を、1訓練コースにつき
  対象者1人当たり 20万円を上限(1事業所あたりの支給限度額500万円)
◆◆非正規雇用労働者育成支援奨励金◆◆
 ・有期契約労働者等に対し、一般職業訓練(Off-JT)または有期実習型訓練
  (Off-JT+OJT)を行った場合に、賃金および訓練経費について助成
 ・1訓練コースにつき以下の額を支給します。( )内は大企業の額
   ●Off-JT分の支給額
    賃金助成・・・1人1時間当たり 800円(500円)
    経費助成・・・1人当たり 30万円(20万円)を上限
   ●OJT分の支給額
    実施助成・・・1人1時間当たり 700円(700円)

※詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。
◆正規雇用労働者育成支援奨励金◆
  ●詳細リーフレット
  http://k.d.combzmail.jp/t/69ah/c03bs9t0ilfffkqy2krOx
◆非正規雇用労働者育成支援奨励金◆
 ●詳細リーフレット
  http://k.d.combzmail.jp/t/69ah/c03bt9t0ilfffkqy2kH7i
それでは、また本手(パー)

☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 08:45| Comment(0) | 社労士・行政書士業務

2013年01月28日

ちょっと一言です。

こんにちはわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
また小雪が舞いましたね。まだ陽の当たらない道路にはうっすら雪は残っていますよ雪
ちょっと休憩中にブログを更新しました。
現在、ホームページの掲載内容を一部変更するための作業をお願いしています。
アクア行政書士事務所も長い間、工事中のままでしたが少しだけ建設業許可関係の内容
をアクア人事労務サポートのホームページに取り込むようにしています。
さて話は変わりますが、最近、マスコミで話題となっています公務員の早期退職ですが、
色々な意味で問題があると思いますね。定年退職間際の退職金減額、一概に早期退職
する教職員や警察官の方を非難することは出来ないような気がします。
卒業を3月に控える児童・生徒のことを考えると、あと少しだけ頑張って欲しいというのが
親の正直な気持ちかもしれないです。
でも退職される教職員の方には、それぞれ退職後の生活設計があります、何でこの時
期に減額させるのか、この条例制定の時期に大きな問題があるのではないでしょうか?
当事務所のホームページの新着情報にも掲載していますが、地方公務員の給与減額
が7月から実施される方向です。
民間企業の賃金格差との関係で国家公務員の給与が7.8%が減額されているので、
個人的には仕方ないことだとは思っています。
でも国会議員の定数削減は先送りしておいて、公務員の退職金・給与の減額だけを先
行させて、これで身を削っているとしたら大間違いですね
ちっ(怒った顔)

それでは、また本手(パー)
 ☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 11:37| Comment(0) | 社労士・行政書士業務

2013年01月23日

外国人を雇用するとき在留資格等を確認されていますか?

おはようございますわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
お客様から、昨日、外国籍の人を既に採用したのですが、雇用保険の資格取得届をお
願いしたいと入社連絡票・雇用契約書等の関係書類が送付されてきました。
事業主の方には、外国人の雇入れ時と離職時に氏名、在留資格、在留期間等を「在留
カード」又は「外国人登録証明書等」で確認をして、管轄ハローワークに「外国人雇
用状況の届出」が義務づけられています。

採用日の属する月の翌月10日までにこの届出をするようになっています。
例え、日本人の配偶者と結婚していても、帰化して日本国籍を取得していない限り、
この届出をしなければなりません。
在留資格が「日本人の配偶者等」であれば、在留中の活動制限がないため、様々な分野
の活動ができますが、この届出はしなければなりません。
結構、雇用保険の被保険者でない方というだけで、確認もされないまま履歴書だけで
採用している企業の方もいると思いますが、この届出を怠ったり、虚偽の届出をすると、
30万円の以下の罰金の対象となることがありますので十分注意しましょう。
外国の方を採用しようとする時あるいはその方が離職するときには、社労士やハロー
ワークに相談することをお勧めいたします。

それでは、また本手(パー)
☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 10:38| Comment(0) | 社労士・行政書士業務

2013年01月17日

遺言書検認審判申立事件の検認に立会ってきました…

おはようございますわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
以前、自筆証書による遺言の検認についてブログに投稿いたしましたが、今回、その
検認について少し書かせていただきました。
「遺言書の検認」とは、自筆で書かれた遺言書について、下記のような手続するもの
であり遺言書の効力を決定するものではありません。
@相続人に対して遺言の存在と内容を知らせる。
A遺言書の形状・加除訂正の状態・日付・署名など検認日現在における遺言書の
内容を明確にして、後日の遺言書の偽造・変造を防止するための手続きなんです

実は、昨年の12月上旬に東京家庭裁判所に遺言書検認の審判申立てを行ったのです
が、東京家庭裁判所から元旦に相続人全員の自宅へ遺言書検認申立事件の審判期日
通知書が郵送されてきました。
検認日に相続人は欠席してもかまいませんが、その場合は、下記のような欠席理由に
〇印をつけて回答書を返送するようになっています。
@既に遺言書の内容を知っているため
A遠隔地に住んでいるため
B私事都合
でも、実際には、電話連絡で欠席する旨伝えても特に問題はありません。

15日が、その審判期日でしたので、前日の雪が凍っている中、家庭裁判所まで行って
きました。
裁判所が指定した待合室で待っていると、書記官が来て〇〇〇号審判廷で検認の審判
を行いますのでということで案内され、しばらくして裁判官が入室し、直ぐに検認手続きが
始まりました。
裁判官が遺言書の署名と押印が被相続人の自筆と印鑑であることに間違いがないか相
続人一人ひとりに尋ね、その後、遺言書を書記官が開封しました。
その後、裁判官が遺言書の内容を口述、また相続人一人ひとりに確認をさせて検認の審
判はそれで終了し、裁判官はそこで退出しました。
その後、待合室で少し待たされ、書記官より遺言書、封筒、検認済の証明書が返却され
ました。
遺言書の検認手続きは、申立てを行ってから、何と1箇月半近くもかかりました。
自筆証書による遺言は、検認までの時間がかかって結構大変です。
残された遺族への思いを自筆で書き残しておきたいという方が実際のところ多いと思いま
すが、私個人としては、多少費用は発生しますが、公正証書による遺言の方が良いのか
なと思いました。
遺言執行者の記述のない自筆証書の遺言の場合で、遺言執行者を定める必要性が生じ
た時は、検認後、再度家庭裁判所に出向くようになりますので、自筆証書による遺言の場
合は、不備のないように作成しておくことが必要ですね。

とても長いブログになってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうござ
いました。
それでは、また本手(パー)

☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

posted by アクアの社労士 at 09:29| Comment(0) | 社労士・行政書士業務

2013年01月12日

建設業関係の業務も完了して、ちょっと一息です…

こんにちはわーい(嬉しい顔)
東村山市の社労士・行政書士「アクア人事労務サポート」「アクア行政書士事務所」
の大鐘です。
一昨日は、経営事項審査申請に都庁まで行ってきました.
建築一式の許可で工事経歴に一部増改築がありましたので、建築確認をとっているか
どうか確認してくださいと言われ、建築確認があればその写しを添付、無ければその他
の建設工事に計上するよう指導を受けて再来となってしまいました。
事前に建築確認の有無を確認しておかなかったのが、少し反省点ですね。バッド(下向き矢印)
結局、建築確認申請が無かったので「工事経歴書」と「直前3年の各事業年度における
工事施工金額」を訂正処理して、昨日、再度経審の審査に都庁に行ってきました。
今度は無事に受理していただき業務は、これですべて完了いたしました。
1 設計等の業務に関する報告書
2 建設業許可変更届
3 経営状況分析申請
4 経営事項審査申請
今日の午前中は、納品物と社労士関係の事務所通信、大事な請求書を持って企業様を
訪問してまいりました。
当事務所では、通常土日は営業をしておりませんが相手の企業様の都合に合わせて弾
力的な対応をさせていただいています。
連休明けは、朝一でハローワークに行って、雇用保険関係の資格取得届と資格喪失届
及び離職証明書の申請手続を完了させて、その後東京家庭裁判所へ遺言書の検認の関
係で行ってきます。
16日は、東京都社労士会武蔵野統括支部の賀詞交歓会が吉祥寺の東急インで開催
れますが、当日は、受付を担当させていただくことになっていますので、そのお手伝いに
行ってきます。

それでは、また本手(パー)
☆★★ポチッと応援クリック
していただくととても励みになります!☆★★
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by アクアの社労士 at 12:34| Comment(0) | 社労士・行政書士業務